専門薬剤師

 

専門薬剤師


薬のエキスパートとして高度な知識と技能を有する薬剤師として、
各領域の学会・協会から認定を受けた薬剤師です

がん専門薬剤師

専門薬剤師の一つがん専門薬剤師は、がん領域における、薬物療法などで、一定の水準以上の知識や技量を持ち、 医療現場で活躍できるがん専門薬剤師養成のために2009年11月にできた制度です。 がん専門薬剤師になるためには、研修を受けたり、論文や学会に酸化しなければなりませんし、それ以前にがん専門認定薬剤師にならなければなりません。

がんは日本人の死亡原因のトップ3に入るほど深刻な病気であり、それと同時にがん治療のための医療も進歩してきています。 薬剤師にも専門の知識と技量が求められ、その特性を活かして、良質で、安全な医療を常に患者に提供していかなければなりません。 そのためにがん薬物療法などにおいて、臨床経験を持ち、高度な知識や技術を併せ持った薬剤師を養成し、医療、健康、福祉のために貢献することが、がん専門薬剤師に求められているのです。

今後も減ることのないがんについて、専門の知識を持つことは、現在唯一医療上広告可能な薬剤師の資格として認められています。 社会に向けて、一般社団法人日本医療薬学会認定がん専門薬剤師を名乗ることができるのは、それだけ高度で専門性の高い知識と技量を持っているという証拠でもあるのです。 これは病院や診療所などにおいて、該当設置看板、新聞、雑誌などのように、一般の患者となる方が目にするものにおいて見ることができます。 これは薬剤師側にもメリットがありますが、同時に患者側にも、安心して医療を受けられるというメリットが生まれる結果をもたらしています。

 

専門薬剤師に求められること認定薬剤師との違い専門薬剤師には種類がある
がん専門薬剤師/精神科専門薬剤師HIV感染症専門薬剤師妊婦・授乳婦専門薬剤師感染制御専門薬剤師
専門薬剤師になるには
専門薬剤師の求人専門薬剤師の給料

© Copyright 専門薬剤師 All rights reserved.