専門薬剤師

 

専門薬剤師


薬のエキスパートとして高度な知識と技能を有する薬剤師として、
各領域の学会・協会から認定を受けた薬剤師です

認定薬剤師との違い

認定薬剤師と専門薬剤師の違いは、専門薬剤師は医師の負担を軽くし、患者に対して安全、安心の薬物療法を行うことが目的となっていることです。

認定薬剤師の場合、専門性向上のために学習課程を終了したという証明のようなものです。 認定薬剤師には専門薬剤師のような、特定の領域において実務経験を必要とする、研究実績が必要ということはありません。

認定薬剤師も専門薬剤師も、種類によって認定期間が変わります。
たとえばがん専門の薬剤師だけで見た場合、認定薬剤師は日本医療薬学会において、薬物療法などの高い知識と技術によって、 がん薬物療法の質を高めていくことが目的になります。

専門薬剤師も種類により違いがいくつかありますが、専門薬剤師になる前に認定薬剤師にならなければなりません。 つまり、認定薬剤師は専門薬剤師の一歩手前の状態ということです。
認定薬剤師となって籍を学会に置き、論文を発表しなければなりません。ほかにも資格を持つに十分な履修、実施研修、実務経験が必要になります

たとえば精神化専門薬剤師で見てみると、精神化薬物療法認定薬剤師と認定されることが第一条件で、さらに日本精神神経学会、日本神経精神薬理学会、 日本臨床精神神経薬理学会、日本生物学的精神医学会、日本病院・地域精神医学会、日本社会精神医学会、日本老年精神医学会のどれかに所属し、 規定以上の精神化領域の論文を発表、さらに精神化領域の学会発表の回数が規定以上あることなどと、非常に厳しい条件が求められます。

このように、認定薬剤師と専門薬剤師では、スキルに大きな差があるのです。

 

専門薬剤師に求められること/認定薬剤師との違い/専門薬剤師には種類がある
がん専門薬剤師精神科専門薬剤師HIV感染症専門薬剤師妊婦・授乳婦専門薬剤師感染制御専門薬剤師
専門薬剤師になるには
専門薬剤師の求人専門薬剤師の給料

© Copyright 専門薬剤師 All rights reserved.