専門薬剤師

 

専門薬剤師


薬のエキスパートとして高度な知識と技能を有する薬剤師として、
各領域の学会・協会から認定を受けた薬剤師です

専門薬剤師になるには

専門薬剤師になるためには、各専門領域における認定薬剤師になる必要があります。
これは薬物治療における能力があるという証明であり、各専門領域における実務経験、実績、規定以上の研修や講習を受けて知識や技能のスキルアップをはかり、 試験にパスするとなることができます。 さらに各専門領域の研究業績によって、専門薬剤師になることができます。専門薬剤師は、通常の業務以外にも、医療スタッフに対する指導、教育も行います。

専門薬剤師にはがん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、精神化専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師の5つの領域があります。 まず認定薬剤師の場合、いずれも薬剤師免許を持っていることや、実務経験5年以上であること、定められた学会に属していること、認定薬剤師であることなど、厳しく条件が設けられています。 さらに学会における発表や論文発表、薬物療法指導症例数なども必要な条件となります。

認定薬剤師になるだけでも大変ですが、そのさらに上の薬剤のエキスパートである専門薬剤師となると、さらに厳しい条件が課せられることになります。 さらなる論文発表、学会発表などを行い、認められれば試験を受けることができ、そして初めて専門薬剤師になることができるのです。

専門薬剤師には幅広い知識と、深い知識、質の高い知識が求められるほかに、高い技量が必要です。 チーム医療の一員として、大きな役割を担うことになりますので、それだけの責任感が求められるのも事実です。 それぞれの領域で必要な要素は異なりますが、いずれも薬物療法におけるエキスパートであるという自覚を持って望まなければなりません。

 

専門薬剤師に求められること認定薬剤師との違い専門薬剤師には種類がある
がん専門薬剤師精神科専門薬剤師HIV感染症専門薬剤師妊婦・授乳婦専門薬剤師感染制御専門薬剤師
専門薬剤師になるには
専門薬剤師の求人専門薬剤師の給料

© Copyright 専門薬剤師 All rights reserved.