専門薬剤師

 

専門薬剤師


薬のエキスパートとして高度な知識と技能を有する薬剤師として、
各領域の学会・協会から認定を受けた薬剤師です

妊婦・授乳婦専門薬剤師

妊婦・授乳婦専門薬剤師は妊娠している女性、授乳中の女性に対し、薬物療法への高い知識と技術が要求されます。 薬物療法は、母体および胎児に安全に行われなければなりません。

ときにはカウンセリングを行うことも妊婦・授乳婦専門薬剤師の役割です。 服薬指導する際、薬の情報以外にも、薬の有効性、安全性を、母親が理解できるように説明し、薬を飲むことへの不安を取り除いてあげることが重要です。 さらに薬に対する副作用があるのであれば、その説明もしっかりしてあげなければありません。

妊婦・授乳婦専門薬剤師は薬物療法の臨床データが極端に少なくなっています。 妊婦や授乳婦は治験に参加できず、薬物データが揃わない上に、新薬に対する情報も得られないことが原因です。
データなしに認可されている薬によって薬物療法を行う必要があることも事実です。患者から、薬と胎児の関係性を問われたときに「わかりません」では許されませんから、 妊婦・授乳婦専門薬剤師は今非常に求められているのです。

妊婦・授乳婦専門薬剤師は認定薬剤師でなければなることができません。5年以上の実務経験があり、学会員である、3年以上の妊婦、授乳婦への指導歴があり、 薬剤指導実績が30症例以上である必要があります。さらに研修を規定以上受け、日本病院薬剤師会の試験に受かる必要があります。

妊婦・授乳婦専門薬剤師になるのは非常に難しく、専門薬剤師の中でも服薬指導が難しいのですが、それでいて非常にやりがいのある専門薬剤師です。

 

専門薬剤師に求められること認定薬剤師との違い専門薬剤師には種類がある
がん専門薬剤師精神科専門薬剤師HIV感染症専門薬剤師/妊婦・授乳婦専門薬剤師 /感染制御専門薬剤師
専門薬剤師になるには
専門薬剤師の求人専門薬剤師の給料

© Copyright 専門薬剤師 All rights reserved.