専門薬剤師

 

専門薬剤師


薬のエキスパートとして高度な知識と技能を有する薬剤師として、
各領域の学会・協会から認定を受けた薬剤師です

精神科専門薬剤師

精神科専門薬剤師の対象となるのは、精神病患者です。 精神病患者のために結成された医療チームに入り、治療薬など、薬の分野において、患者にとって適切な薬を調剤するなどのサポートを行います。

精神科では疾病の関係から、薬物療法を取ることが多くなります。ですから精神科専門薬剤師には非常に大きな専門性が求められ、重大な役割を担っていることになります。 本来は薬物療法を中心に行っていく精神病ですが、副作用があるのも事実です。 医薬分業によって、より高い薬学の専門知識を持った専門薬剤師を配置することにより、精神科医の負担を分散し、薬物医療の質の向上にいたるのです。

精神化治療は薬物治療で効果が出ても中々伝わりづらいところがあります。患者の様態や体調を見て、医師、看護師が判断して効果のほどをデータ化する必要があります。 精神化治療は薬物治療中心であっても、患者の家族など、様々な人と関わっていかなければなりません。 そのため、薬の専門家である精神科専門薬剤師に期待される役割は非常に大きなものとなっています。

精神科はどちらかというと注目されづらいものですが、患者は実は増えています。 治療が長引くことも多く、薬物治療において副作用との戦いは避けられません。 服薬指導を行うのも精神科専門薬剤師の役割ですから、カウンセリングの力を試される唯一の薬剤師ともいえるでしょう。

精神科専門薬剤師になるためには、認定薬剤師となることがまず必須条件です。 そのほか、学会での発表を3回以上、学術論文を2編以上発表しなければなりません。 精神科専門薬剤師になるのは非常に難しいですが、その分高度な知識と技量が認められるやりがいのある仕事なのです。

 

専門薬剤師に求められること認定薬剤師との違い専門薬剤師には種類がある
がん専門薬剤師/精神科専門薬剤師/HIV感染症専門薬剤師妊婦・授乳婦専門薬剤師感染制御専門薬剤師
専門薬剤師になるには
専門薬剤師の求人専門薬剤師の給料

© Copyright 専門薬剤師 All rights reserved.